News

抗IL-17A環状化ペプチドアプタマーに関する論文(supplementary coverに採用)が発表されました

2021.09.10

Epsilon Molecular Engineering(当社)は、埼玉大学と共同で関節リウマチ、喘息、全身性エリテマトーデス、抗腫瘍免疫等に関連するインターロイキン17A(IL-17A)に結合・阻害する新規の環状化ペプチドアプタマーの取得に成功しました。この環状化ペプチドアプタマーは、1)血清中でcDNA display法を用いてスクリーニングされたこと、2)環状化ペプチド以外にリンカーにある非天然化合物(フルオロセイン)を組み合わせた新しい形のペプチドアプタマーになっていることが特徴です。興味深い成果が得られたことからジャーナルカバーにも採用されました。

 

カバー:

https://pubs.acs.org/pb-assets/images/_journalCovers/amclct/amclct_v012i009-2.jpg?0.05884126392767719

 

論文:

https://pubs.acs.org/doi/10.1021/acsmedchemlett.1c00217

アーカイブ