創薬パイプライン

当社は、コアテクノロジーの圧倒的な競合優位性を生かして、新世代のバイオ分子・モダリティの開発を推進しています。そして、斬新な創薬アイデアによってアンメットメディカルニーズに応え、革新的な医薬を患者さんにお届けします。

  • 多価の結合部位による創薬(multi-specific VHHs, multi-paratopic VHHs 等)
  • アロステリック作用による創薬
  • アゴニスト作用による創薬
  • Targeting VHHによる創薬
    • ADC/光免疫/イメージング診断
  • 細部内標的の創薬(Intrabody)
  • 酵素活性を有するVHH創薬
  • 細胞治療・遺伝子治療法への活用

創薬パイプライン

創薬パイプラインのイメージ画像

EME創薬における標的

  • Unmet疾患領域
  • Undruggable targets
    • 細胞内分子
    • 複数膜貫通タンパク質(ナノディスクディスプレイ技術)

In vitro translation system
is an ‘open’ system

無細胞系タンパク質合成系による活性型膜タンパク質合成-その1

無細胞系タンパク質合成系による活性型膜タンパク質合成-その2

無細胞系タンパク質合成系による活性型膜タンパク質合成