Design Platform デザインプラットフォーム

新世代バイオ分子・モダリティの開発

当社は新世代のバイオ分子・モダリティの開発を推進し、斬新な創薬アイデアによってアンメットメディカルニーズに応え、さらには細胞治療や遺伝子治療への応用研究を進めています。
VHH抗体・環状ペプチドアプタマーによる医薬シーズの研究開発
  • 多価の結合部位による創薬(multi-specific VHHs, multi-paratopic VHHs 等)
  • アロステリック作用による創薬
  • アゴニスト作用による創薬
ドラッグ・デリバリー・システム(DDS)への応用
  • ADC(Antibody-drug conjugate,抗体-薬物複合体)
  • 光免疫
再生医療分野・遺伝子治療分野への応用 高感度検出システム・診断領域への応用
  • イメージング診断

多価化VHH

VHHはエンジニアリングしやすいドメイン構造を有し、複数のVHHをペプチドリンカーでタンデムに結合することが可能です。組み合わせとして、ホモダイマー・ヘテロダイマー・多価化(3価)以上などが可能です。これらの組み合わせは創薬ターゲット・機能性に応じて最適な組み合わせを選択します。

Fc体

VHHは分子量が非常に小さく、エンジニアリングしやすいなど利点があるものの、その小さい分子量がゆえに血中半減期が短いという点があります。血中半減期の向上方法としてVHHをFc体化するという方法も可能です。

Paratope創薬

Paratope創薬とは、一つの標的分子の複数部位に結合する薬剤の開発です。VHHは分子量が小さいので同一の標的分子の別々のエピトープに同時に結合する分子を設計することが可能です。これにより、標的分子への親和性と特異性を増強し、薬効が相乗した創薬が可能になります。

関連コンテンツ

 

Product&Pipeline

プロダクト・パイプライン
 
Contact Us
お問い合わせ

弊社へのご質問、共同研究、弊社開発品のライセンス、採用に関するお問い合わせ等は、
こちらからお気軽にお問い合わせください。

Page TOP
お問い合わせ