Press Release

新型コロナウイルス感染症(ハムスターモデル)の治療に成功、VHH抗体の経鼻投与法により臨床応用に大きく前進

2021.11.16

 北里大学の設置法人である学校法人北里研究所(理事長:小林弘祐、以下北里大学 、株式会社Epsilon Molecular Engineering(社長・根本直人、以下 EME、花王株式会社(社長・長谷部佳宏、以下花王)らの研究グループは、2020年5月に新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対して感染抑制能(中和能)を有するVHH抗体の取得に成功しています。

 今回、上記に加え、慶應義塾大学医学部坂口光洋記念講座(オルガノイド医学)と同内科学教室(呼吸器)、生理学研究所が参加した研究チームは、ハムスターモデルにおいて、VHH抗体を経鼻投与することにより、肺におけるウイルス増殖を抑制できることを明らかにしました。また、マイクロ臓器とも言われるヒト肺胞オルガノイドを用いた実験でも、その効果を確認することができました。さらに、新型コロナウイルススパイク蛋白質とVHH抗体の結合様式をクライオ電子顕微鏡による解析によって明らかにしました。
 これらの結果は、 2020年5月に取得したVHH抗体が新型コロナウイルス感染症の治療薬になり得る可能性を示しただけでなく、経鼻投与という新たな投与方法による治療の可能 性を示した成果であり、新型コロナウイルス感染症治療法の選択肢を広げることにつながります。本研究成果は、米国科学雑誌「 PLOS Pathogens」で公開されました。

 

プレスリリースはこちら

アーカイブ