Press Release

2 億 3 千万円を調達

2019.10.23

当社は、シリーズAラウンドのファーストクローズとして、三菱UFJキャピタル株式会社、リアルテックファンドを割当先とする第三者割当増資を実行し、2億3千万円を調達いたしました。本シリーズAラウンドは、三菱UFJキャピタル株式会社がリード投資家を務めており、引き続き資金調達活動を進めセカンドクローズを実行する予定です。今回の調達により、当社は創薬を中心とした研究開発を更に推し進めてまいります。

 

株式会社Epsilon Molecular Engineeringについて
当社は、「次世代の機能性バイオ分子を、進化分子工学を用いた独自プラットフォーム技術で創出します。」をミッションに掲げ、2016年に埼玉大学発ベンチャーとして設立されました。進化分子工学の技術によって、Heavy chain single domain抗体(VHH)やcyclic peptides等のcDNA Display Librariesを独自に構築し、次世代シークエンスNGS、FACSそしてAIを活用した独自のHigh throughputシステムを構築しました。現在は創薬・医療領域にフォーカスし、新しいモダリティによる新世代のバイオ医薬品や中分子医薬品の開発候補品の取得、並びに細胞・遺伝子治療でのVHHの活用に取り組んでいます。製薬企業等の提案に基づく共同研究開発を展開し、さらに自社研究開発パイプラインについて共同研究開発パートナーとの早期の提携を目指して研究開発に取り組んでいます。

アーカイブ