沿革

1985年 埼玉大学において、進化分子工学の研究が始まる
1997年 遺伝子型/表現型対応付け技術であるin vitro virus法の開発に成功(埼玉大学、三菱化学生命研)
2008年 cDNA display法の開発に成功(JST埼玉バイオプロジェクト/産総研/埼玉大学)
2014年 北陸先端科学技術大学院大学藤本健造教授との共同研究により、cDNA displayのハイスピード調製法を開発
(埼玉大学)
2015年 cDNA displayハイスループットシステムの原理を特許出願(埼玉大学)
2016年8月 埼玉大学発バイオベンチャー企業として設立
2017年4月 埼玉大学オープンイノベーションセンター研究棟201室に事業所を設立
2017年9月 国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術開発機構(NEDO)平成29年度『研究開発型ベンチャー支援事業/
シード期の研究開発型ベンチャーに対する事業化支援(STS)』に採択
2018年9月 公益財団法人三菱UFJ技術育成財団(MU-TECH)平成30年度第1回研究開発助成金に採択
2019年3月 リアルテック・ベンチャー・オブ・ザ・イヤー(スタートアップ賞)受賞
2020年1月 埼玉県さいたま市桜区 埼玉大学正門前にオフィス設立
2020年7月 経済産業省中小企業庁戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業)補助金 採択
2020年10月 日本医療研究開発機構(AMED)公募課題 「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する治療薬開発(3次公募)」採択